ウォーターダイレクトのクリティア

ウォーターダイレクトのクリティア 昨今増えている水の宅配業者の一つに、株式会社ウォーターダイレクトという会社があります。この会社は水の宅配サービスである「クリティア」の運営を行っている会社としてよく知られています。ここでは、クリティアのウォーターダイレクトがどのような会社であるのかについて簡単に紹介します。ウォーターダイレクトは東京都品川区に本社を置いていますが、本店は山梨県富士吉田市に置かれています。設立されたのは平成18年のことで、非常に新しい会社であることも特徴の一つです。

それでは、ウォーターダイレクトが設立されてからどのような沿革を辿ってきたのかについて簡単に紹介します。平成18年の10月に富士吉田市に設立され、ほぼ同時期に営業拠点として東京の本社が設置されました。本社と本店が別に設置されている状況は、最初期から継続しているものです。そして翌年の平成19年には第一工場の稼働が開始されるようになりました。平成20年には大阪と福岡にも事務所が設置されており、業務の拡大を窺い知ることができます。

平成22年には新たに富士吉田工場が出来上がり、前述の第一工場から生産拠点がこちらの工場へと変更されることになりました。その後も中部事務所の設置が行なわれるなど活動範囲を広げていき、平成24年には台湾にも進出、国内だけではない活動を見せるようになります。平成25年には東証マザーズに上場、広く知られる会社へと変化していくことになりました。平成26年にはさらに東証第二部に上場しており、さらにその幅を広げるようになっています。

ウォーターダイレクトのクリティアでは、ペット樹脂製のボトルの開発に力を入れている点に特徴があります。クリティアで使われているボトルはワンウェイタイプと呼ばれるもので、簡単にいえば使い捨てで利用される形です。ボトルには水を残さないようにするための加工が行われており、無駄なく使い切ることができるようになっています。また、蛇腹の構造を採用することによって収縮が可能になっており、層を薄くすることによってスムーズに使用できるようになっているのも特徴の一つです。

これ以外にも、クリティアではウォーターサーバーの開発への注力なども行われており、特許技術によって利用できるようになっているものもあります。此処から先では、このクリティアの特徴についてより具体的に紹介します。多くなっている水の宅配サービスの中からクリティアを選ぶ理由はなんでしょうか。

最新ニュース